2019.4.8 21:54

八重樫が2回TKO勝ち「満足というか継続していきたい」 元3階級王者/BOX

八重樫が2回TKO勝ち「満足というか継続していきたい」 元3階級王者/BOX

2R TKO勝ちで笑顔を見せる八重樫東=後楽園ホール(撮影・矢島康弘)

2R TKO勝ちで笑顔を見せる八重樫東=後楽園ホール(撮影・矢島康弘)【拡大】

 ボクシングの元世界3階級制覇王者で36歳の八重樫東(大橋)が8日、東京・後楽園ホールでサハパープ・ブンオップ(タイ)とのスーパーフライ級ノンタイトル10回戦に臨み、2回2分25秒でTKO勝ちした。目標である世界4階級制覇へ弾みをつけた。

 昨年8月以来の試合となった八重樫は、速さで圧倒。2回に右強打で最初のダウンを奪い、その後はボディー、アッパーを利かせて2度のダウンを加えて試合を決めた。

 完勝に「満足というか継続していきたい。4階級制覇は目標に掲げている以上やりたいし、しっかり練習してきたるべき時に備えたい」と笑顔を交えて話した。

 ミニマム級、フライ級、ライトフライ級で世界王座を獲得。スーパーフライ級で世界ボクシング機構(WBO)10位につけ、世界挑戦をうかがう位置にいる。

  • 1回、サハパープ・ブンオップ(右)を攻める八重樫東=後楽園ホール
  • 2RTKO勝ちする八重樫東(赤)=後楽園ホール(撮影・矢島康弘)