2019.4.7 15:18

八重樫東、4階級制覇の前哨戦「気負いは全くない」/BOX

八重樫東、4階級制覇の前哨戦「気負いは全くない」/BOX

 プロボクシングの元世界3階級王者の八重樫東(36)=大橋=が7日、東京都内で4階級制覇の前哨戦の前日計量に臨み、リミットを300グラム下回る51・8キロで一発クリアした。相手のサハパープ・ブンオップ(23)=タイ=51・6キロだった。

 計量を終えた八重樫は「順調に調整できた。前哨戦という気負いは全くない。一発、一発に集中して取り組みたい」と冷静に話した。この試合をクリアすれば、日本人初の4階級制覇に大きく前進する大事な一戦。「周りが『井岡に先を越されちゃうよ』っていうけど、僕は『初』とかどうでもいいし、純粋に(世界王座を)取りたい」と意欲をにじませた。