2019.4.1 20:15

石川真佑、宮部愛芽世らが日本代表初選出/バレー

石川真佑、宮部愛芽世らが日本代表初選出/バレー

 日本バレーボール協会は1日、ことしの日本代表登録選手女子28人、男子24人を発表し、女子は全日本高校選手権2連覇に貢献した大阪・金蘭会高3年の宮部愛芽世、今春東レ入りの18歳、石川真佑が初めて選ばれた。男子は石川祐希(シエナ)、柳田将洋(ルビン)らが入った。石川はきょうだいそろっての選出となった。

 女子は2012年ロンドン五輪銅メダルの荒木絵里香(トヨタ車体)や黒後愛(東レ)、男子は08年北京五輪代表の福沢達哉、清水邦広(ともにパナソニック)もメンバー入りした。