2019.3.28 11:00(1/2ページ)

【池田純 S-Businessの法則】カギは「よそ者、若者、ばか者」

【池田純 S-Businessの法則】

カギは「よそ者、若者、ばか者」

特集:
池田純 S-Businessの法則

 15日付で、一般社団法人「さいたまスポーツコミッション」の会長に就任しました。J1浦和、J2大宮、埼玉大、地元企業などと提携し、大会誘致、イベント企画などスポーツを通じて、さいたま市の街づくりに取り組む行政と私が組んで生まれた組織です。

 5カ年計画で民間性を強め、株式会社化を目指します。自転車競技イベント「ツール・ド・フランス」の日本大会運営を担い、自転車を通じた街づくりを進めるなど、日本初のスポーツを活用した地域活性化を実現する団体としてモデルケースとすべく、社会的意義を強く感じています。

 ここ数年、さまざまなスポーツにかかわり、正々堂々としていない世界を味わってきました。改革を求められて加わったはずが、実は本当に改革など求められていない。スポーツ庁参与を含む“名前貸し”のような役職を全て任期満了に伴い、退任します。

 私のモットーは「困っているところにチャンスがある」。地方には困っている自治体が多くあります。DeNAでは球団の収益性改善に取り組み「スポーツビジネス」という概念を“常識”に変えた自負があります。今度も「スポーツを通じた地方創生」という成功事例が必要な分野で、誰もがまねできるスタンダードを全国に示さねばと思っています。

【続きを読む】