2019.3.27 16:59

平昌五輪8位入賞の郷が現役復帰「まずは一年一年やれることを」/スピード

平昌五輪8位入賞の郷が現役復帰「まずは一年一年やれることを」/スピード

特集:
平昌五輪

 昨年の平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで8位入賞し、引退した郷亜里砂(31)が2022年北京五輪を目指して現役復帰すると27日、表明した。この日、支援を受ける愛媛県に報告。所属先は変わらず松山市のイヨテツクラブとなる。「北京まで3年しかない。まずは一年一年やれることをやる」と語った。

 北海道出身の郷は20代後半から成長し、平昌五輪前のワールドカップ(W杯)で表彰台に上がるなど健闘し五輪のメダル候補と期待された。引退後、愛媛県で指導する中で、復帰の意欲が芽生えたという。