2019.3.27 14:40

井岡一翔が国内復帰 「Reason大貴ジム」所属選手としてライセンス申請/BOX

井岡一翔が国内復帰 「Reason大貴ジム」所属選手としてライセンス申請/BOX

国内復帰を表明した井岡一翔(左)と所属ジムの瀬端幸男会長

国内復帰を表明した井岡一翔(左)と所属ジムの瀬端幸男会長【拡大】

 プロボクシング元3階級王者の井岡一翔(30)が27日、東京都内で会見し、国内復帰することを明かした。すでに日本ボクシングコミッション(JBC)に「Reason大貴ジム」所属の選手としてライセンスを申請しており、承認されれば、国内での試合が可能になる。

 井岡は17年大みそかに、現役引退を発表したが、昨年の7月に現役復帰を表明した。その後、国内のジムに所属せず、米国でライセンスを取得。9月に米国で試合に復帰し、大みそかには日本人初の4階級制覇をかけて、ドニー・ニエテス(フィリピン)とWBO世界スーパーフライ級王座決定戦に臨んだが、1-2の判定負けだった。

 会見した井岡は「日本のリングに立てるのはうれしい。海外で練習、試合をした経験を日本のリングで見せたい。4階級制覇の野望を果たしたい」と抱負を語った。