2019.3.26 11:53

韓国紙「日本を破って史上初めて世界選手権メダルを獲得」/カーリング

韓国紙「日本を破って史上初めて世界選手権メダルを獲得」/カーリング

特集:
平昌五輪
3位決定戦の韓国戦でショットを放つ中部電力の中嶋。左は石郷岡=シルケボー(共同)

3位決定戦の韓国戦でショットを放つ中部電力の中嶋。左は石郷岡=シルケボー(共同)【拡大】

 カーリングの女子世界選手権最終日は24日、デンマークのシルケボーで3位決定戦が行われ、日本代表の中部電力は韓国に5-7で敗れ、4位に終わった。第9エンドに2点を奪い、5-4とリードしたが、最終第10エンドに3点を奪われ、競り負けた。日本勢としては2016年に準優勝したLS北見(現ロコ・ソラーレ)以来、3大会ぶり2度目のメダル獲得を逃した。

 韓国紙の中央日報電子版は25日、「日本を破って韓国カーリング史上初めて世界選手権メダルを獲得した」と伝えた。日本代表について「平昌五輪日本代表だったチーム藤澤ではない、スキップ中嶋星奈のチームだった」と中部電力のスキップ中嶋星奈の名を挙げ、平昌五輪で銅メダルを獲得した藤澤五月率いるロコ・ソラーレではないことを強調していた。