2019.3.25 05:01

8位の沙羅、シーズン4位で終了「苦しかった」/ジャンプ

8位の沙羅、シーズン4位で終了「苦しかった」/ジャンプ

特集:
高梨沙羅
W杯ジャンプ女子個人第24戦で1回目の飛躍を終えた高梨沙羅=チャイコフスキー(共同)

W杯ジャンプ女子個人第24戦で1回目の飛躍を終えた高梨沙羅=チャイコフスキー(共同)【拡大】

 ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子個人最終戦(24日、ロシア・チャイコフスキー=HS140メートル、K点125メートル)伊藤有希(24)=土屋ホーム=が119メートル、127・5メートルの合計224・5点で7位となった。高梨沙羅(22)=クラレ=は8位にとどまり、個人総合4位でシーズンを終えた。個人総合2連覇を既に決めていたマーレン・ルンビ(24)=ノルウェー=が128メートル、137・5メートルの270・9点で今季12勝目、通算25勝目を挙げた。

 高梨は1回目に踏み切りのミスで14位と出遅れた。2回目は修正したが、大飛躍を連発したライバルたちに水をあけられた。「想像以上に苦しかった。何かを変えないと壁には到達できない」とシーズンを振り返った。今季の苦闘を2022年北京冬季五輪にどう生かすか。「失敗から学ぶことも多い。今はいろいろな経験を蓄えて、上を目指していきたい」と巻き返しを誓った。

  • ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子個人総合成績