2019.3.24 22:33

中部電力・両角コーチ、メダル逃すも「ベスト4に入った充実感の方が大きい」/カーリング

中部電力・両角コーチ、メダル逃すも「ベスト4に入った充実感の方が大きい」/カーリング

3位決定戦の韓国戦でタッチを交わす中部電力の選手たち。右から石郷岡、松村、中嶋=シルケボー(共同)

3位決定戦の韓国戦でタッチを交わす中部電力の選手たち。右から石郷岡、松村、中嶋=シルケボー(共同)【拡大】

 カーリングの女子世界選手権最終日は24日、デンマークのシルケボーで3位決定戦が行われ、日本代表の中部電力は韓国に5-7で敗れ、4位に終わった。

 中部電力の両角コーチは「選手はよくやってくれた。銅メダルを取れなかった残念な感じより、ベスト4に入った充実感の方が大きい」と健闘をたたえた。

 平昌冬季五輪では男子日本代表として出場したSC軽井沢クのスキップを務め、中部電力のコーチに昨年就任した。「いろいろ変えてきたのがそれぞれの選手に出ていた。次につながる考え方をしてもらえればうれしい」と今後の躍進も期待した。(共同)

  • 3位決定戦の韓国戦でスイープする中部電力の松村(右)と石郷岡=シルケボー(共同)
  • 3位決定戦の韓国戦でショットを放つ中部電力の中嶋。左は石郷岡=シルケボー(共同)
  • 3位決定戦の韓国戦で北沢(中央)のショットをスイープする中部電力の石郷岡(左)。右は松村=シルケボー(共同)