2019.3.24 05:00

チェン、GPファイナルと2年連続2冠「結弦と競技できるのはとても光栄」/フィギュア

チェン、GPファイナルと2年連続2冠「結弦と競技できるのはとても光栄」/フィギュア

特集:
羽生結弦
男子フリーの演技を終えガッツポーズするネーサン・チェン。2連覇した=さいたまスーパーアリーナ

男子フリーの演技を終えガッツポーズするネーサン・チェン。2連覇した=さいたまスーパーアリーナ【拡大】

フィギュアスケート・世界選手権最終日(23日、さいたまスーパーアリーナ)ネーサン・チェン(19)=米国=がSPに続いてフリー1位の216・02点を出し、合計323・42点で2連覇。フリー、合計の得点は現行ルールの世界最高となった。

 チェンは冒頭に挑んだ高難度の4回転ルッツを決めて勢いに乗るとフリップ、トーループの4回転を成功し、後半には4回転-3回転の2連続トーループ。大技を4度組み込んだ構成で、技術点だけで羽生を10・98点も上回った。羽生が直前に出した現行ルールの世界最高得点をすぐに塗り替え、グランプリ(GP)ファイナルとの2年連続2冠を達成。5位に終わった失意の平昌冬季五輪後からの無敗を守った。「点数は驚異的で想像していた以上。結弦と競技できるのはとても光栄」と笑った。

男子FS結果へ

  • 男子フリーで演技するネーサン・チェン=さいたまスーパーアリーナ(撮影・戸加里真司)
  • 男子フリーで演技するネーサン・チェン=さいたまスーパーアリーナ(撮影・戸加里真司)
  • 練習に臨む、ネーサン・チェン=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)
  • フリーに向け調整するネーサン・チェン=さいたまスーパーアリーナ