2019.3.24 05:00

【佐野稔の舞評論】羽生、勝つためには4回転半を現実的な目標に

【佐野稔の舞評論】

羽生、勝つためには4回転半を現実的な目標に

特集:
LOVEフィギュアスケート
羽生結弦

 フィギュアスケート・世界選手権最終日(23日、さいたまスーパーアリーナ)羽生は頑張ったが、チェンのジャンプの質が上がっていた。羽生の4回転ループが基礎点10.50なのに対し、チェンは基礎点11.50と高難度の4回転ルッツでGOE(出来栄え点)が4.76も付いた。基礎点の差に加えて、これだけ完成度を上げられると厳しい。

 昨年の世界選手権でルッツを含む4回転ジャンプ4種類6本を決めたチェンは、1年でさらに成長した。3位のゾウ、4位の金博洋も4回転ルッツを決めており、4回転の難度と質を上げなければ勝てなくなっている。

 羽生は昨季、ルッツの習得中に負傷し、今季も負傷で時間をロスした。けががなければ今頃はルッツをものにしていたはずだが…。今後はルッツに加え、勝つためには以前から目指しているクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を現実的な目標として完成させる必要がある。 (1976年インスブルック五輪代表)

男子FS結果へ