2019.3.24 05:00

桐生、今季初戦で快走!世界選手権参加標準記録を一発クリア/陸上

桐生、今季初戦で快走!世界選手権参加標準記録を一発クリア/陸上

桐生祥秀(共同)

桐生祥秀(共同)【拡大】

 陸上・競技会(23日、オーストラリア・ブリスベン)男子100メートルで日本記録保持者の桐生祥秀(23)=日本生命=は追い風2・0メートルだった2レース目で10秒08をマークして1位となった。200メートルも自己ベストの20秒39で1位。今季初戦で、両種目とも世界選手権(9~10月、ドーハ)の参加標準記録を突破した。ケンブリッジ飛鳥(25)=ナイキ=は10秒35で8位だった。桐生の1レース目は10秒22。

 約1カ月の合宿を張ったオーストラリアで臨んだ初戦。桐生は2・0メートルと絶好の追い風に恵まれた2レース目で2季ぶりの10秒0台をマークした。昨年9月以来となる100メートル。復権に向けて幸先の良いスタートに「昨年のシーズンベストを初戦から超えられたのはでかい。もっともっと上を目指していきたい」と充実感をにじませた。

 

  • 今季初戦の男子100メートルの1レース目で10秒22だった桐生祥秀(中央)=ブリスベン(共同)
  • 男子100メートルの1レース目を走り終えた桐生祥秀=ブリスベン(共同)