2019.3.23 13:39

世界6位の錦織は「敗れはしたが昨年のこの時期よりもかなりいい位置にいる」/テニス

世界6位の錦織は「敗れはしたが昨年のこの時期よりもかなりいい位置にいる」/テニス

特集:
錦織圭
男子シングルス2回戦でドゥシャン・ラヨビッチ(左)に敗れた錦織圭=マイアミ(共同)

男子シングルス2回戦でドゥシャン・ラヨビッチ(左)に敗れた錦織圭=マイアミ(共同)【拡大】

 テニス・マイアミ・オープン(22日、米マイアミ)男子シングルスで、第5シードで世界ランキング6位の錦織圭(29)=日清食品=が、初戦の2回戦で同44位のドゥシャン・ラヨビッチ(28)=セルビア=に6-2、2-6、3-6で逆転負けした。

 男子ツアーを統括するATPの公式サイトは22日(日本時間23日)、「ラヨビッチ、マイアミで錦織をあ然とさせる」との見出しを打って、「この日ドゥシャン・ラヨビッチが、錦織をフルセットの末に破り、ランキング上位10位以内の選手から自身キャリア3度目となる勝利を挙げた」と伝えた。

 記事は「敗れはしたが錦織は、昨年のこの時期に比べるとかなりいいポジションにいる」とし、「手首のけがからの回復を図っていた11カ月前、彼はATPランキング39位まで落ちた。しかしその後、ATPファイナルへの出場資格を得て、現在は世界ランク6位である」とその復活を称えた。

試合結果へ

  • 男子シングルス2回戦でドゥシャン・ラヨビッチと対戦し、ポイントを奪われた錦織圭=マイアミ(共同)
  • 男子シングルス2回戦でドゥシャン・ラヨビッチと対戦する錦織圭=マイアミ(共同)