2019.3.23 05:03(1/2ページ)

平成最後の賜杯は白鵬か逸か!逸ノ城、226キロぶつけ1敗キープ/春場所

平成最後の賜杯は白鵬か逸か!逸ノ城、226キロぶつけ1敗キープ/春場所

特集:
白鵬
逸ノ城(右)が御嶽海をはたき込んで1敗を死守(撮影・沢野貴信)

逸ノ城(右)が御嶽海をはたき込んで1敗を死守(撮影・沢野貴信)【拡大】

 大相撲春場所13日目(22日、エディオンアリーナ大阪、観衆=7242)西前頭4枚目逸ノ城(25)が小結御嶽海(26)をはたき込み、ただ一人1敗を守った。横綱白鵬(34)が大関豪栄道(32)を寄り切り、13戦全勝で単独首位をキープ。14日目に白鵬が勝ち、逸ノ城が敗れれば白鵬の3場所ぶり42度目の優勝が決まる。大関とりに挑む関脇貴景勝(22)は大関高安(29)を押し出し、9勝目。昇進の目安とされる「直近3場所を三役で33勝以上」に到達した。

 仕掛けたモーションは2つだけだった。逸ノ城が関取最重量226キロの巨体を御嶽海へぶつけ、突き放した次の瞬間、右腕を相手の後頭部へたたき落とした。岩が落下するような衝撃。御嶽海はつぶれて土俵へはった。

 「なか(懐)へ入れないように。(はたきは)最初から決めていた。(相手が)落ちなくても上手が取りやすくなる」

 本名アルタンホヤギーン・イチンノロブ。周りからは「イチ」と呼ばれることが多い。イチといえばイチロー外野手(45)が21日、引退を表明。場所中は午後11時30分から午前零時の間に床につく逸ノ城は朝稽古後、「引退は知らなかった。野球にはあまり興味はないけど、イチロー選手は知っている」。

【続きを読む】

  • 白鵬(右)は豪栄道を下して全勝。早ければ23日にも優勝が決まる(撮影・林俊志)
  • 叩き込みで御嶽海を破った逸ノ城(左)=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 玉鷲が押し出しで千代大龍に敗れる=エディオンアリーナ大阪
  • 物言いがついた魁聖と遠藤の1回目の取り組み。取り直しとなり、寄り切りで遠藤が勝利した=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 寄り切りで栃ノ心を下した鶴竜(手前)=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 押し出しで高安を破った貴景勝(左)=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 若貴景のすくい投げで、顔から落ちて怪我をした貴ノ富士=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 美ノ海に押し出され、幕下優勝を逃した納谷(右)=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)
  • 照ノ富士は押し倒しで佐田剛に勝利=エディオンアリーナ大阪(撮影・沢野貴信)