2019.3.23 17:50

古川、猛追及ばず「4、5年ぶりに日本選手に負けた」/アーチェリー

古川、猛追及ばず「4、5年ぶりに日本選手に負けた」/アーチェリー

アーチェリーの世界選手権3次選考会で狙いを定める武藤弘樹=静岡県掛川市

アーチェリーの世界選手権3次選考会で狙いを定める武藤弘樹=静岡県掛川市【拡大】

 アーチェリーの世界選手権(6月、オランダ)3次選考会が23日、静岡県掛川市で行われ、男子は武藤弘樹(慶大)、女子は昨年アジア大会で混合リカーブを制した杉本智美(ミキハウス)が1位で最終候補に入った。

 34歳の古川は終盤に武藤を猛追したが、4点差で首位を逃した。「4、5年ぶりに日本選手に負けたと思う。悔しい。力を出せなかった」と肩を落とした。矢の軌道と感覚にずれがあり、フォーム固めに苦戦した。

 5大会連続出場が懸かる東京五輪に向け「今季の国際大会でメダルを取れれば自信になる」と目標を設定。W杯、世界選手権、7月の五輪テスト大会で表彰台を目指す。

  • アーチェリーの世界選手権3次選考会で狙いを定める古川高晴=静岡県掛川市