2019.3.23 23:21

羽生、22年北京五輪へ「なんとかいろいろ進化したい」/フィギュア

羽生、22年北京五輪へ「なんとかいろいろ進化したい」/フィギュア

特集:
羽生結弦
銀メダルを手にする羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)

銀メダルを手にする羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)【拡大】

 フィギュアスケート世界選手権最終日(23日、さいたまスーパーアリーナ)男子フリーで、ショートプログラム(SP)3位につけた五輪2連覇の羽生結弦(24)=ANA=は合計300・97点で銀メダル。昨年11月の右足首負傷からの復帰戦で2年ぶり3度目の世界一はならなかった。

 羽生は3連覇がかかる2022年北京五輪について、「なんとかいろいろ進化したい。どこまで行けるのか、自分自身も分からない。右足首の痛め方が大きかった。ダメージがたまって、ちょっとしたけがでも大きなけがになってしまう。そのリスクとも付き合いながらやっていかないといけない」と語った。