2019.3.23 18:02

米ESPN「五輪女王のザギトワが世界選手権で初優勝を飾った」/フィギュア

米ESPN「五輪女王のザギトワが世界選手権で初優勝を飾った」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
女子フリー 演技するザギトワ=さいたまスーパーアリーナ(撮影・戸加里真司)

女子フリー 演技するザギトワ=さいたまスーパーアリーナ(撮影・戸加里真司)【拡大】

 フィギュアスケート・世界選手権第3日(22日、さいたまスーパーアリーナ)

SP首位で平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=が237・50点で初優勝を飾った。ショートプログラム(SP)7位と出遅れた紀平梨花(16)=関大KFSC=がフリー2位の152・59点と巻き返したが、合計223・49点で4位に終わり、シニアで初めて表彰台を逃した。国際大会7戦目で初黒星を喫した。

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)は22日(日本時間23日)、「ザギトワ、金メダル獲得 世界選手権優勝」との見出しを打って、「オリンピックチャンピオンのザギトワがフリーを制して、自身初となる世界選手権優勝を果たした」と報じた。

 記事は「カルメンの曲に合わせ、16歳のロシア選手はSPからのリードを当てにし、力強いフリーの演技を披露。トータル237・50点で終えた」と伝えた。

 ESPNは表彰台を逃した紀平について「日本の紀平は7位から順位を挙げ4位で終えた。彼女は『ビューティフル・ストーム』の乗せてトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)-3回転トーループは成功させたが、2度目の3回転半で着地に失敗した」と伝えた。

  • 女子フリー演技するザギトワ=さいたまスーパーアリーナ(撮影・戸加里真司)
  • 「スモールメダルセレモニー」で時計を贈られ笑顔のザギトワ=埼玉県さいたま市のさいたまスーパーアリーナ(撮影・戸加里真司)
  • 「スモールメダルセレモニー」に登壇し、インタビューにこたえる紀平梨花。手前はザギトワ=埼玉県さいたま市のさいたまスーパーアリーナ(撮影・戸加里真司)
  • 調整するアリーナ・ザギトワ=さいたまスーパーアリーナ