2019.3.23 21:21

ケンブリッジ、低調な記録に表情曇る スタートブロック動いてしまう不運も/陸上

ケンブリッジ、低調な記録に表情曇る スタートブロック動いてしまう不運も/陸上

 陸上の競技会が23日、オーストラリアのブリスベンで行われ、男子100メートルで日本記録保持者の桐生祥秀(日本生命)は追い風2・0メートルだった2レース目で10秒08をマークして1位となった。川上拓也(大阪ガス)は10秒24で4位、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は10秒35で8位だった。桐生の1レース目は10秒22。

 ケンブリッジはスタートブロックが動いてしまう不運もあり、シーズン初戦は10秒35と低調な記録に終わった。やや動揺し、後半は硬くなる悪癖も出たという。「全体的にあまり良くなかった」と表情を曇らせた。

 今季は持ち味の後半の伸びを取り戻せるかが鍵を握る。オーストラリアに約1週間残って練習を積む予定で「次のレースに向けて準備していきたい」と気持ちを切り替えた。(共同)