2019.3.22 19:11

羽生、4回転ループに集中 チェンはルッツ好調/フィギュア

羽生、4回転ループに集中 チェンはルッツ好調/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
羽生結弦
4回転ループを練習する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)

4回転ループを練習する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)【拡大】

 フィギュアスケートの世界選手権は22日、さいたまスーパーアリーナで第3日を行い、前日ショートプログラム(SP)を行った男子は、午後にこの日2度目の公式練習を練習リンクで行った。

 最終組では、昼の練習に出なかった羽生結弦(24)=ANA=と宇野昌磨(21)=トヨタ自動車=も練習。SP1位のネーサン・チェン(19)=米国=との競演となった。

 羽生は23日のフリーで勝負をかける4回転ループの練習に集中。しかし曲かけでは1回転で転倒してしまった。その後もバラけて1回転になったり、転倒したりと苦しんだ。終盤には3度連続で成功して右手を突き上げるようなしぐさを見せるなど、何とか感覚をつかんだ様子だった。

 宇野は序盤に4回転フリップに成功したが、4回転サルコーが2回転に終わることが続き、天を仰ぐ場面も。曲かけではジャンプは跳ばず、ステップとスピンの確認だけで終えた。

 一方、好調なチェンは高難度の4回転ルッツをやすやすと成功させた。曲かけの際も、ほぼ問題なく着氷。難度の低いフリップが不安定だったため、中盤はそちらの練習に集中していた。

  • 4回転ループを練習中、派手に転倒する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)
  • 練習に臨む羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)
  • 練習に臨む羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)
  • 練習する宇野昌磨=さいたまスーパーアリーナ(撮影・戸加里真司)