2019.3.21 05:00

【藤島親方のこの一番】気合の入った相撲で綱の意地見せた白鵬

【藤島親方のこの一番】

気合の入った相撲で綱の意地見せた白鵬

特集:
白鵬
貴景勝(左)を攻める白鵬。上手投げで下した=エディオンアリーナ大阪

貴景勝(左)を攻める白鵬。上手投げで下した=エディオンアリーナ大阪【拡大】

 大相撲春場所11日目(20日、エディオンアリーナ大阪、観衆=7242)白鵬は気合の入った相撲で横綱の意地を見せた。貴景勝に当たり負けしないように、立ち合い右からかち上げ、突っ張り合いで左右の張り手を交えて応戦した。

 どこかでつかまえたい白鵬に対し、貴景勝はつかまえられたくないから当然激しい展開になる。貴景勝の体が起きた一瞬の隙を白鵬が見逃さなかったのはさすがで、右を差し左上手を引いた。これで勝負あった。

 貴景勝は3敗と後退したが、大関という目標に向かっては12日目の豪栄道戦が非常に大事になった。先場所の千秋楽のように豪栄道に一方的に敗れると、ガタガタと崩れかねない。今場所の豪栄道は負けた相撲以外は引かずに最高の相撲を取っている。貴景勝にとっては大きな関門だ。(元大関武双山)

11日目結果へ12日目取組へ