2019.3.21 17:45

ブレークダンスの河合ら出場 広島で都市型スポーツ大会

ブレークダンスの河合ら出場 広島で都市型スポーツ大会

 昨年に続いて4月に広島市で開催される都市型スポーツの国際大会に出場する選手が21日発表され、2024年パリ五輪で追加種目候補入りしたブレークダンスは夏季ユース五輪女王の河合来夢(神奈川・百合丘高)、男子銅メダルの半井重幸(大阪学芸高)らが名を連ねた。東京・渋谷で開かれた記者会見で、半井は「どういう競技なのかを伝えていきたい。今年も盛り上がってもらえたら」と抱負を語った。

 大会はFISE(エクストリーム・スポーツ国際フェスティバル)の名称。20年東京五輪で実施されるスケートボードの男子には日本オープン・ストリート選手権優勝の池田大亮(ムラサキスポーツ)らが参加する。

 昨年は延べ8万6千人が来場した。誘致に尽力した国際体操連盟の渡辺守成会長は「今年は組織委員会としては10万人が目標だが、僕の目標は20万人。最終的にはこの渋谷でFISEをやりたい」と述べた。