2019.3.21 10:18

中部電力、フィンランドに快勝!松村千秋「初心に戻って試合をした」/カーリング

中部電力、フィンランドに快勝!松村千秋「初心に戻って試合をした」/カーリング

フィンランド戦でプレーする中部電力の選手ら=シルケボー(共同)

フィンランド戦でプレーする中部電力の選手ら=シルケボー(共同)【拡大】

 カーリングの女子世界選手権第5日は20日、デンマークのシルケボーで1次リーグが行われ、日本代表の中部電力はフィンランドに10-4で快勝し、通算4勝4敗とした。同日、地元デンマークには1-7で敗れた。

 日本はフィンランドを相手に2-3で迎えた第4エンドにミスを突いて3得点。その後も安定したショットで流れを引き寄せ、勝負を決めた。

 21日はラトビア、スイスと対戦する。(共同)

石郷岡葉純の話「最悪の形にならず、セカンド以降につなげることがぎりぎりできた。次もコミュニケーションをしっかりとっていきたい。プレーオフへ行くために気を引き締めて臨みたい」

松村千秋の話「みんなで初心に戻って試合をした。相手がミスしたところで、自分たちは決めきることができた。氷は読めていたのかなと思う」

中部電力・両角友佑コーチの話「集中していた。自分たちのやることをしっかりとできた。チーム全員で氷を読んで、エンドとエンドの間もしっかりと(コミュニケーションに)時間を使った」

  • デンマーク戦でショットの行方を見守る中部電力の松村(左)とスイープする石郷岡。右は北沢=シルケボー(共同)
  • デンマーク戦の試合中に話し合う中部電力の選手たち。左から石郷岡、北沢、中嶋、松村=シルケボー(共同)
  • デンマーク戦でショットを放つ中部電力の北沢(中央)=シルケボー(共同)
  • デンマーク戦でスイープする中部電力の石郷岡(左)と松村=シルケボー(共同)