2019.3.21 19:53

ザギトワ、ルッツ-ループの連続3回転ジャンプ成功/フィギュア

ザギトワ、ルッツ-ループの連続3回転ジャンプ成功/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
公式練習で調整するザギトワ=さいたまスーパーアリーナ

公式練習で調整するザギトワ=さいたまスーパーアリーナ【拡大】

 フィギュアスケートの世界選手権は21日、さいたまスーパーアリーナで第2日を行い、前日ショートプログラム(SP)が行われた女子は同日午後に練習リンクで公式練習を行った。

 日本勢はSP7位の紀平梨花(16)=関大KFSC=と8位の宮原知子(20)=関大=が第3組、2位の坂本花織(18)=シスメックス=が最終第4組で調整した。

 紀平は曲かけで行ったトリプルアクセルから3回転トーループへの連続ジャンプは成功したが、その後の単発のトリプルアクセルはダブルに。エッジが引っかかったのかつなぎのスケーティングで転倒するなど不安を感じさせる内容だったが、その後もトリプルアクセルや3回転ルッツからの3連続ジャンプなどに精力的に取り組んだ。

 宮原は曲かけで行ったジャンプは、ほぼ完璧に着氷。その後も淡々と調整した。

 坂本は曲かけでの際には3連続ジャンプの最後の2回転トーループでステップアウト。その後も転倒する場面があったが、最後までリンクに残って細部まで見直した。

 SP1位のアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=は難度の高いルッツ-ループの連続3回転ジャンプなどを成功させ、充実ぶりを見せた。

 SP3位のエリザベート・トゥルシンバエワ(19)=カザフスタン=は、フリーで挑戦する予定の4回転サルコーに精力的に取り組んだが転倒を繰り返していた。

 女子フリーは22日午後5時30分スタート。宮原は同8時14分、紀平は同22分、坂本は同9時2分ごろに演技を開始する予定。

  • ザギトワの公式練習=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)