2019.3.20 15:36

韓国紙「藤澤五月チームではなく中嶋星奈チーム」/カーリング

韓国紙「藤澤五月チームではなく中嶋星奈チーム」/カーリング

特集:
平昌五輪
韓国戦でスイープの指示を出す中部電力の北沢(左)。中央は石郷岡、右は松村=シルケボー(共同)

韓国戦でスイープの指示を出す中部電力の北沢(左)。中央は石郷岡、右は松村=シルケボー(共同)【拡大】

 カーリングの女子世界選手権第4日は19日、デンマークのシルケボーで1次リーグが行われ、日本代表の中部電力は韓国に4-11で完敗した。中部電力は3-4の第5エンドにショットの精度を欠き3失点。有利な後攻だった第6エンドで2点を奪われると、第8エンドでも2失点して大差がつき、ギブアップした。

 韓国紙の中央日報(電子版)は20日、「キム・ミンジ(スキップ)が率いる韓国女子カーリング代表(春川市庁)の『リトルチームキム』が世界選手権で日本を破り、首位タイとなった」と伝えた。

 春川市庁チームについて、「全員が20歳のキム・ミンジ(スキップ)、キム・スジン(リード)、ヤン・テイ(セカンド)キム・ヘリン(サード)で構成されている。平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)銀メダルチーム『チームキム』にちなんで『リトルチームキム』と呼ばれる」と紹介した。

 日本代表については、「藤澤五月チームではなく中嶋星奈チームだ」と中部電力のスキップ中嶋星奈の名を挙げ、平昌五輪で銅メダルを獲得した藤澤五月率いるロコ・ソラーレではないことを強調していた。