2019.3.20 16:55

渡辺雄太、1次リーグで対戦する米国と「真っ向勝負できたら」/NBA

渡辺雄太、1次リーグで対戦する米国と「真っ向勝負できたら」/NBA

下部Gリーグのスターズ戦でドリブルするハッスルの渡辺=ソルトレークシティー(共同)

下部Gリーグのスターズ戦でドリブルするハッスルの渡辺=ソルトレークシティー(共同)【拡大】

 米プロバスケットボールNBAのグリズリーズ傘下、ハッスルの渡辺雄太は19日、ソルトレークシティーで行われた下部Gリーグのスターズ戦に先発し、36分42秒の出場で13得点、6リバウンドだった。

 日本のワールドカップ(W杯)アジア予選突破に貢献した渡辺は、W杯の1次リーグで米国と対戦することに「もう最高というか、本当に米国とやるというのはすごく大きな意味があると思う」と喜んだ。

 世界最高峰のNBAで戦う米国選手を間近で見てきた渡辺は「正直、現段階で自分たちが上だとは当然思っていない」と素直に話す。しかし「いい準備をしてW杯に臨めば何かやれることはあると思う。相手が米国だからといって最初から負ける気ではなく、しっかり日本のバスケというのを前面に出して、真っ向勝負できたらなと思う」と対戦を楽しみにしていた。(共同)