2019.3.20 12:30

安藤美姫さん、2週間で衣装着られなくなった 1シーズンで伸びた身長は…

安藤美姫さん、2週間で衣装着られなくなった 1シーズンで伸びた身長は…

特集:
平昌五輪
安藤美姫さん

安藤美姫さん【拡大】

 フィギュアスケートの元世界女王、安藤美姫さん(31)が20日、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」(月~金曜前8・0)に生出演。フィギュア選手の成長期について、自身の経験を語った。

 世界選手権の開幕を迎え、番組では大会の見どころを特集。女子では、GPファイナルと四大陸選手権を制した紀平梨花(16)=関大KFSC=のライバルとして、アリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=を取り上げた。今季、成績が振るわないザギトワであるが、公式ページによると平昌五輪のときには156センチだった身長が2センチ伸び158センチになり、このことが成績に影響を与えているのではないか、と分析。本人は「5、6センチ伸びた」という感覚をもっていることも紹介された。メインMCを務める小倉智昭(71)が安藤さんに身長が伸びると回転に影響が出るのか、と質問。「出る選手もいるのかな…。彼女はもしかしたら敏感に気になってしまうタイプの選手だったのかもしれない」と語った。気にならない選手もいるのではないか、と述べ「私自身、1シーズンで12センチ伸びたことがあって」と自身の経験を語ったが、この数字に共演者らは驚きを隠せず。「そんなに気にならなかった」とあっけらかんと話す安藤さんに、小倉が「身長12センチ伸びたら、シューズのサイズだって変わるでしょ?」と尋ねると、「足だけ変わらなくって」と笑いながら“まさか”の回答。これには小倉も「足だけ変わらないって…」と驚いていたが、「ただ、グランプリ1戦目で着てた衣装が、2週間後のショート(プログラム)で着れなくて」と、3回ほど衣装を変えたのだと明かしていた。