2019.3.20 05:05(1/2ページ)

羽生「100%の状態」公式練習に異例4000人!世界フィギュア20日開幕

羽生「100%の状態」公式練習に異例4000人!世界フィギュア20日開幕

特集:
LOVEフィギュアスケート
練習中に笑みを浮かべる羽生。4回転ジャンプを次々に成功させ、けがの影響を感じさせなかった (撮影・中井誠)

練習中に笑みを浮かべる羽生。4回転ジャンプを次々に成功させ、けがの影響を感じさせなかった (撮影・中井誠)【拡大】

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。冬季五輪で2連覇し右足首故障から約4カ月ぶりの復帰戦となる男子の羽生結弦(24)=ANA=は19日、会場で公式練習と記者会見に臨んだ。3種類、計24本の4回転ジャンプを決めて復調をアピールした絶対王者が、5年前に戴冠を飾った縁深い銀盤で返り咲く。

 ファンが、誰より自分自身が、このときを待っていた。母国の銀盤に立った羽生は、少年さながらに無邪気に滑ったかと思えば、次々と大技を決めた。全身から生気がほとばしった。

 「胸を張って100%といえる状態。勝ちきれるような演技をすることが一番の目標です」

 スタンドに大挙したファンの声援を背に2度の公式練習へ。トーループ、サルコー、ループ。3種類の4回転ジャンプを計24度着氷。昨年11月17日、ロシア杯フリー当日の公式練習で痛めた右足首を気にする素振りはない。国際連盟(ISU)公認大会で世界で初めて成功させた4回転トーループ-トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の大技も3度決めた。21日のショートプログラム(SP)を前に完全復活ののろしを上げた。

 5年前。グランプリファイナル、ソチ冬季五輪との3冠を成し遂げた世界選手権も、さいたまスーパーアリーナが舞台だった。「気持ち良く試合に臨めているな」。試合会場での滑走はロシア杯のフリー以来122日ぶり。一挙手一投足に客席から降り注いだ声援が滑る喜びを大きくした。

 生粋の挑戦者としての姿勢はぶれない。今回同様、右足首の故障明けで臨んだ2018年平昌冬季五輪では、4回転ループを回避した。だが今大会のフリーでは、長期離脱するけがの原因となった大技に挑む見込み。負傷前と同じ、SP2度、フリー4度の計6度の4回転を跳ぶ構成で必勝を期す。ブライアン・オーサー・コーチ(57)は「今回はループを入れないと勝負できない」と説明する。

【続きを読む】

  • 男子は午前11時から35分間、本番リンクで公式練習。復帰した羽生見たさにファンが大挙して訪れた
  • 練習に臨む羽生結弦
  • 練習に臨む羽生結弦
  • 汗を拭く羽生結弦
  • リンクに手をつく羽生結弦
  • 練習で目を閉じる羽生結弦
  • 練習で笑顔を見せる羽生結弦
  • 羽生結弦・今季成績
  • フィギュアスケート男子・世界選手権の有力選手
  • フィギュアスケート・世界選手権最近10年の男女優勝者
  • フギュアスケート・世界選手権日程