2019.3.19 17:51

大坂なおみ、ジュニア時代のコーチに訴えられる 賞金の20%を受け取る契約だったと主張/テニス

大坂なおみ、ジュニア時代のコーチに訴えられる 賞金の20%を受け取る契約だったと主張/テニス

特集:
大坂なおみ
大坂なおみ

大坂なおみ【拡大】

 オーストラリアニュースサイト「news.com.au」は19日、女子テニス世界ランキング1位の大坂なおみ(21)=日清食品=が、ジュニア時代のコーチを務めたクリストファー・ジーン氏に米国内で訴訟を起こされたと伝えた。

 記事によると、今回のジーン氏の訴えの内容は、大坂と女子テニス選手の姉・まり(22)が十代だった2011年、大坂の父であるレオナルドさんとの間にかわされた契約書に、姉妹の獲得賞金とスポンサー契約などの20%を同氏が受け取る権利があると記されていたが、その支払いがなされてないというもの。なお、賞金を受取る期間については明確にされてなかったという。今回の裁判で、ジーン氏は大坂側に少なくとも200万ドル(約2億2000万円)の支払いを求めているという。

 同サイトはこの件に関して、「全豪オープン覇者で女子世界ランキング1位のテニスプレーヤーであるナオミ・オオサカは再び、コーチ騒動の渦中に巻き込まれた。しかし、今回は彼女とともに2度のグランドスラムを制したコーチを解雇する以上のものである」と報じた。

 大坂は2月に四大大会2連勝を支えたサーシャ・バイン氏(34)とコーチ契約解消を発表し、その後新コーチとして、元世界女王ビーナス・ウィリアムズの練習パートナーだったジャーメイン・ジェンキンス(34)を迎え入れた。