2019.3.19 21:37

経常収益5億4000万円超増 JOC理事会19年度予算

経常収益5億4000万円超増 JOC理事会19年度予算

 日本オリンピック委員会(JOC)は19日の理事会で、前年度から約5億4500万円増となる約157億5900万円の経常収益を計上した2019年度予算を承認した。経常費用もほぼ同額。

 選手の肖像権を使ったマーケティング事業の柱となる19~20年の「シンボルアスリート」にノルディックスキー複合の渡部暁斗(北野建設)を追加したことを報告した。契約選手は計11人となった。

 パラグライダーを統括する日本航空協会と日本コントラクトブリッジ連盟が準加盟団体から承認団体に変更された。