2019.3.19 20:20

柔道GS初優勝の泉「世界でやっていける自信になった」

柔道GS初優勝の泉「世界でやっていける自信になった」

成田空港で取材に応じた女子78キロ級の泉真生

成田空港で取材に応じた女子78キロ級の泉真生【拡大】

 柔道のグランドスラム(GS)・エカテリンブルク大会に出場した日本代表が19日、成田空港に帰国。女子78キロ級で初優勝した泉真生(22)=山梨学院大=は「自分でも世界でやっていけるのかな、という自信になった」と手応えをつかんだ。全4試合でオール一本勝ち。決勝では2大会連続五輪銅メダルのマイラ・アギアル(27)=ブラジル=を破るなど今後のさらなる成長を予感させる優勝だった。

 泉について女子の増地克之監督(48)は、「一本を取る投げ技がある。海外勢に負けないフィジカルの強さがある」と評価した。成長著しい22歳は、2週間後の全日本選抜体重別選手権(福岡国際センター)で、昨年の世界女王の浜田尚里(28)ら実力者と頂点を争う。「ここでの優勝を次につなげていかないと(東京)五輪はない。選抜でも自分らしく勝ちきりたい」と決意を込めた。