2019.3.19 17:04

【一問一答】羽生結弦「この大会以外について何もコメントをできない」/フィギュア

【一問一答】

羽生結弦「この大会以外について何もコメントをできない」/フィギュア

特集:
LOVEフィギュアスケート
  • 笑顔で記者会見する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ
  • 練習に臨む羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)
  • 会見で終えた羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)
  • 練習に臨む羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ練習リンク(撮影・中井誠)
  • 会見でフォトセッションに臨む(左から)羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事=さいたまスーパーアリーナ練習リンク(撮影・中井誠)
  • 練習に臨む羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ練習リンク(撮影・中井誠)
  • 調整する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ
  • 公式練習で笑顔を見せる羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ
  • 公式練習で調整する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ
  • 公式練習で調整する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ
  • 公式練習で調整する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ
  • 公式練習で調整する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ
  • 公式練習で笑顔を見せる羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ
  • 写真撮影に応じる(左から)羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事=さいたまスーパーアリーナ
  • 写真撮影に応じる(左から)羽生結弦、宇野昌磨、田中刑事=さいたまスーパーアリーナ
  • 調整する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ
  • 練習前に集中する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)

 フィギュアスケートの世界選手権は20日にさいたまスーパーアリーナで開幕し、5年ぶりの自国開催の日本勢が男女同時優勝を目指す。19日に公式練習が行われ、男子は右足首故障から約4カ月ぶりの復帰戦となる冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が初練習した。21日にショートプログラム(SP)に臨む。

 約4カ月ぶりの記者会見に臨んだ羽生は冗舌で、言葉に力がこもった。

 --世界選手権へ重点を置いてきたことは。

 「体づくりから始めた。右足首の状態もまだ完治じゃないけれど、まずは試合に出られる状態に戻すことを重点的にやってきた。練習の過程において、いろんな方にサポートしていただいたので感謝しながら滑りたい」

 --どういう練習をしてきたのか。

 「一つ一つの精度を上げる練習から始めた。右足首の強度を上げつつ、同時に(4回転)ループに耐えうる筋力を付けるように努力した。そのうちにSPとフリーに対する体力も付いてきた」

 --初優勝したときと同じリンク。

 「(2014年に金メダルを獲得した)ソチ五輪後に優勝できたところ。会場の雰囲気も完全に一致ではないけれど、似ている感じもある。気持ちよく臨めている」

 --22年北京五輪に出るつもりは。

 「まだ、次の五輪については考えられない。この大会に集中しないといけないので、この大会以外について何もコメントをできない。この大会でベストを尽くしたい」