2019.3.18 05:03(1/2ページ)

貴景勝、突き3発1・9秒殺!遠藤に完勝で大関とり前進/春場所

貴景勝、突き3発1・9秒殺!遠藤に完勝で大関とり前進/春場所

特集:
貴景勝
遠藤
遠藤(左)を一方的に突き出した貴景勝。2敗ターンで大関とりに前進した(撮影・彦野公太朗)

遠藤(左)を一方的に突き出した貴景勝。2敗ターンで大関とりに前進した(撮影・彦野公太朗)【拡大】

 大相撲春場所中日(17日、エディオンアリーナ大阪、観衆=7242)大関とりに挑む関脇貴景勝(22)は平幕遠藤(28)を突き出し、6勝2敗で折り返した。横綱白鵬(34)は栃煌山(32)を辛くも小手投げで退け、8連勝で勝ち越し。逸ノ城(25)が初黒星を喫したため、単独首位に立った。ストレート勝ち越しは47度目で自身の最多記録を更新した。全勝の白鵬を横綱鶴竜(33)、大関の高安(29)と豪栄道(32)、平幕の逸ノ城、碧山(32)の5人が1敗で追う。

 圧巻の勝利でまた一歩、大関の座に近づいた。貴景勝は立ち合いからもろ手で突いて遠藤の体を起こすと、2発目の突きで大きく後ろに吹っ飛ばし、3発目で土俵の外に突き出した。

 わずか1秒9の完勝。それでも22歳の若武者は表情一つ変えることはなく、言い切った。

 「向こうの調子もあるだろうし、自分もたまたまということがある。もう終わったことなので、明日の準備をするだけです」

 兵庫・芦屋市出身で、準ご当所と位置づけた今場所を感謝の思いとともに闘っている。

【続きを読む】

  • 突き出しで遠藤を下した貴景勝=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 小手投げで栃煌山を下した白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 押し出しで北勝富士を下した鶴竜=エディオンアリーナ大阪(撮影・中島信生)
  • 寄りきりで御嶽海を破った魁聖=エディオンアリーナ大阪(撮影・彦野公太朗)