2019.3.18 18:20

宮原、自然体を強調「やってきたことを本番で出したい」/フィギュア

宮原、自然体を強調「やってきたことを本番で出したい」/フィギュア

特集:
宮原知子
調整する宮原知子=さいたまスーパーアリーナ

調整する宮原知子=さいたまスーパーアリーナ【拡大】

 フィギュアスケートの世界選手権は20日、さいたまスーパーアリーナで開幕する。18日に公式練習が始まり、女子はグランプリ(GP)ファイナルなど今季国際大会で6戦無敗の紀平梨花(関大KFSC)が本番会場で調整し「ショートプログラム(SP)、フリーとも完璧な演技をすれば優勝も見えてくる。自分らしいノーミスの演技をしたい」と意気込んだ。

 銅メダルの昨年に続いて表彰台を狙う宮原が、フリーの音楽を流した練習で七つ全てのジャンプを着氷させるなど好調ぶりを示した。「いいイメージで試合に臨める。感覚を崩さないようにしたい」と集中力を高めた。

 5連覇を狙った昨年12月の全日本選手権は3位。年明けからカナダのトロント、米コロラドスプリングズで合宿を行い、課題のジャンプを重点的に強化した。経験豊富なスケーターは「結果を考えずにやってきたことを本番で出したい」と自然体を強調した。

  • 調整する宮原知子=さいたまスーパーアリーナ
  • 2度目の練習に臨む宮原知子=さいたまスーパーアリーナ練習リンク(撮影・中井誠)
  • 記者会見でポーズをとる(左から)宮原知子、坂本花織、紀平梨花=さいたまスーパーアリーナ
  • 調整する紀平梨花。右は宮原知子=さいたまスーパーアリーナ