2019.3.17 23:17

松下理事長、Tリーグファイナルは「100点」/卓球

松下理事長、Tリーグファイナルは「100点」/卓球

卓球Tリーグ・ファイナルの男子で岡山を破って初代王者となり、喜ぶ東京の水谷隼(中央)、張本智和(左隣)ら=両国国技館

卓球Tリーグ・ファイナルの男子で岡山を破って初代王者となり、喜ぶ東京の水谷隼(中央)、張本智和(左隣)ら=両国国技館【拡大】

 卓球の新リーグ「Tリーグ」のファイナルが17日、東京・両国国技館で行われ、男子はレギュラーシーズン1位の東京が同2位の岡山を3-1で退け、初代王者となった。女子は2位の日本生命が1位の神奈川を3-2で破って優勝した。

 ファイナルは男女ともに開幕戦とほぼ同数の約5000人が集まった。チケット販売が直前まで苦戦した当時と比べ、今回は発売当初から売れ行きは好調だったという。試合も盛り上がり、松下理事長は「開幕の時に点数は80点と言ったが、きょうは100点をつけられる」と満足そうに話した。

 リーグとしての初年度の収支のめども立ったそうで、さらなる発展に向けて「また明日からパートナーと交渉していきます」と笑顔で話した。

  • 卓球Tリーグ・ファイナルの女子で神奈川を破って初代王者となり、喜ぶ早田ひな(手前左から2人目)ら日本生命の選手たち=東京・両国国技館