2019.3.17 22:00

日本生命総監督、神奈川との激闘制し「感動している」/卓球

日本生命総監督、神奈川との激闘制し「感動している」/卓球

シングルスの第5試合でプレーする日本生命の早田ひな=両国国技館

シングルスの第5試合でプレーする日本生命の早田ひな=両国国技館【拡大】

 卓球の新リーグ「Tリーグ」のファイナルが17日、東京・両国国技館で行われ、女子は2位の日本生命が1位の神奈川を3-2で破って優勝した。

 女子は日本生命が神奈川との激闘を制した。第4試合で神奈川の石川が勝利して第5試合に突入。1ゲームだけで争われるこの最終試合で、早田が袁雪嬌(中国)に対して2連続得点でスタート。そのまま押し切り、チームを頂点へと導いた。

 早田は1-1の第3試合でも、袁雪嬌をフルゲームで破り、2勝で最大の殊勲者となった。2日の世界選手権代表選考会で敗れてシングルスの出場を逃し「この負けをバネにしたい」と話していたが、立ち直った姿を見せつけた。

日本生命・村上恭和総監督の話「感動している。(ベスト布陣の)このメンバーなら有利じゃないかなと思った。Tリーグがスタートして本当に良かった」

神奈川・劉燕軍監督の話「負けたけど素晴らしい試合だった。日本生命の早田は素晴らしい選手。われわれにとって脅威だった」

  • シングルスでプレーする日本生命の平野美宇=両国国技館