2019.3.17 18:39

岡山・森薗、15歳張本に完敗「これまでの力以上のもの出せたけど…」/卓球

岡山・森薗、15歳張本に完敗「これまでの力以上のもの出せたけど…」/卓球

特集:
張本智和
シングルスで東京の張本智和と対戦する岡山の森薗政崇=両国国技館

シングルスで東京の張本智和と対戦する岡山の森薗政崇=両国国技館【拡大】

 卓球の新リーグ「Tリーグ」のファイナルが17日、東京・両国国技館で行われ、男子はレギュラーシーズン1位の東京が同2位の岡山を3-1で退け、初代王者となった。

 岡山は強みのダブルスで狙い通り先勝したものの、シングルスで3連敗を喫して頂点に届かなかった。シングルスの最初の試合で、東京がカット主戦型の選手を起用してきたことは「99%思っていなかった」(白神監督)そうで、戦略面でも相手が一枚上手だった。

 レギュラーシーズンでは東京相手に3勝4敗と競り合ったが、大一番で地力の差を見せられた。世界選手権個人戦(4月、ブダペスト)のシングルス代表に入った森薗も、対戦した張本のバックハンドに対応しきれず「これまでの力以上のものは出せたけど、完敗」と認めるしかなかった。