2019.3.17 18:11

北の富士氏、白鵬の逆転劇に脱帽「こんな相撲を取れるのは…」/春場所

北の富士氏、白鵬の逆転劇に脱帽「こんな相撲を取れるのは…」/春場所

特集:
白鵬
北の富士勝昭氏

北の富士勝昭氏【拡大】

 大相撲春場所中日(17日、エディオンアリーナ大阪)横綱白鵬(34)が平幕栃煌山(32)を逆転の小手投げで下し8連勝。平幕逸ノ城(25)が大関栃ノ心(31)に寄り切られ、土がついたため、単独トップに立った。

 白鵬は立ち合いで右のかち上げを繰り出すも不発。組んだ直後に右からのいなしを見せた栃煌山が、そのまま横綱の後ろに回り込んで優位に立ったが、白鵬が逆転の小手投げを放った。

 この日、NHKでラジオ解説を務めた北の富士勝昭氏(76)=元横綱=は、「こんな相撲を取れるのは白鵬しかいない。やってできることじゃない。あそこまで相手に背中を見せて、どうしたって力が出ない。体が柔らかいということもあるけど、いわゆる勝負勘だね」と脱帽していた。