2019.3.17 05:00

【嘉風ダイアリー】持ち前の粘りで逆襲

【嘉風ダイアリー】

持ち前の粘りで逆襲

 大相撲春場所7日目(16日、エディオンアリーナ大阪、観衆=7242)松鳳山に立ち合いから突き放され、いったんは後退した嘉風だったが、持ち前の粘りで逆襲。突き出して4勝目を挙げ、白星を先行させた。

 この日は同じ二所ノ関一門で、先場所限りで引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方がテレビ中継の解説を務めた。嘉風は「ちょっと意識しました」と明かし、「自分は来週(19日)で37歳になるのですが、ここまでやれているのは横綱(荒磯親方)が稽古をつけてくれた貯金があるから」と改めて感謝した。

 恩のある荒磯親方のためにも、嘉風らしい熱い相撲を取り続ける。

7日目結果へ中日取組へ