2019.3.17 05:00

【藤島親方のこの一番】もっとバチッと当たれば…高安の内容よくない

【藤島親方のこの一番】

もっとバチッと当たれば…高安の内容よくない

“辛抱”の相撲で1敗を守った高安(右)。北勝富士との熱戦を制した (撮影・彦野公太朗)

“辛抱”の相撲で1敗を守った高安(右)。北勝富士との熱戦を制した (撮影・彦野公太朗)【拡大】

 大相撲春場所7日目(16日、エディオンアリーナ大阪、観衆=7242)高安は立ち合いが悪く、北勝富士の右おっつけに左が差せずに防戦一方になってしまった。最後は攻めをしのいで何とか右を差して送り出したものの、内容はよくない。破壊力抜群だった、はじくような立ち合いも影を潜めている。

 もっとバチッと当たれば、差せなくても後の流れがよくなる。当たれず差せずでは厳しい。ここまで1敗だが、高安らしい相撲が見られず、しのいで勝っているというイメージだ。

 全勝の逸ノ城にも言えることだが、内容が悪くても星を伸ばしているということは、逆にいえば内容さえ伴ってくれば怖い存在になる。高安には速く攻める相撲、圧倒する相撲を見せてもらいたい。 (元大関武双山)

7日目結果へ中日取組へ