2019.3.17 17:16

藤沢、山口組が2連覇 混合ダブルス選手権/カーリング

藤沢、山口組が2連覇 混合ダブルス選手権/カーリング

 カーリングの日本混合ダブルス選手権最終日は17日、長野県軽井沢町の軽井沢アイスパークで行われ、決勝は2018年平昌冬季五輪で女子3位のロコ・ソラーレの藤沢と同五輪男子代表のSC軽井沢クの山口が組むペアが、ロコ・ソラーレの鈴木と同五輪男子代表だった平田のペアを6-4で下して2連覇し、4月の世界選手権(ノルウェー)の代表に決まった。

 藤沢、山口組は準決勝で札幌国際大を9-2と退けて決勝に進んだ。決勝では1-1の第3エンドに3得点。5-4の最終第8エンドに1点を奪って競り勝った。