2019.3.17 16:15

レッドブル・ホンダ、メルセデスと表彰台争いに手応え「とてもポジティブなスタート」/豪州GP

レッドブル・ホンダ、メルセデスと表彰台争いに手応え「とてもポジティブなスタート」/豪州GP

3位表彰台に立ち、笑みを浮かべるレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン

3位表彰台に立ち、笑みを浮かべるレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン【拡大】

 F1世界選手権開幕戦オーストラリアGP決勝(17日、メルボルン、アルバートパーク・サーキット=1周5・303キロ×58周)今季からホンダがパワーユニット(PU)を供給するレッドブルのマックス・フェルスタッペン(21)=オランダ=が3位に入った。メルセデスのバルテリ・ボッタス(29)=フィンランド=が制し、通算4勝目を挙げた。

 「セブを追い抜くことは簡単ではなかったが、表彰台に立つことができてうれしい」

 2015年にF1に復帰したホンダに、初の表彰台をもたらしたフェルスタッペンは、31周目にフェラーリのセバスチャン・フェテル(31)=ドイツ=に迫ると、鮮やかなオーバーテイクで3位に順位を上げた。その後はフェテルとの差を広げ、2位のルイス・ハミルトン(34)=英国=に1秒以内に迫った。

 第2戦バーレーンGP(31日決勝)は昨年、トロロッソが4位に入った、ホンダに取っては相性がいいサーキットだ。通算5勝を誇る21歳のエースは、「シーズン初戦で表彰台に立ちメルセデスと争えたことはとてもポジティブなスタートになった。チームに感謝したい」と頂点を見すえていた。

レース結果・日程へ