2019.3.17 05:02(1/2ページ)

運命の一戦は田中恒成の勝ち!田口と壮絶打ち合い貫禄初防衛/BOX

運命の一戦は田中恒成の勝ち!田口と壮絶打ち合い貫禄初防衛/BOX

田口(左)に強烈なパンチを浴びせる田中。激しい打ち合いを大差の判定勝ちで制し、初防衛に成功した

田口(左)に強烈なパンチを浴びせる田中。激しい打ち合いを大差の判定勝ちで制し、初防衛に成功した【拡大】

 プロボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ(16日、岐阜メモリアルセンター)壮絶な打ち合いを制した! 王者の田中恒成(23)=畑中=が挑戦者で同級4位、元世界ライトフライ級統一王者の田口良一(32)=ワタナベ=を3-0の判定で下し、初防衛に成功した。昨年9月に世界最速に並ぶ12戦目で3階級制覇を達成した田中は、中盤から試合を支配。3人のジャッジは1人が10ポイント差、2人が6ポイント差をつける大差で王者を支持した。田中は年内にV2戦を行い、来年にも日本選手初の4階級制覇に挑む。 

 足を止めて打ち合った。最終12回。ポイントは大きくリードし、リスクを背負う必要はない。だが、真っ向勝負を選んだ。9連打、そして魂の12連打…。田中が一つ一つのパンチに尊敬と感謝の思いを込め、大差でV1に成功した。

 「最後は意識的に足を止めた。倒すつもりだった。リスペクトしている田口選手の気持ちは分かっていたし、打ち合うことが勝ちにつながると思っていた」

 2年越しに実現した因縁マッチだった。互いが保持していた世界ライトフライ級の王座を懸け、2017年12月に計画していた団体統一戦は田中が同年9月の防衛戦で両目眼窩(がんか)底を骨折したため水に流れた。

【続きを読む】

  • 田中は腫らした顔でベルトを巻き、ファイティングポーズでV1を誇った(撮影・山下香)
  • 判定勝ちし、ガッツポーズする田中恒成。フライ級での初防衛を果たした=岐阜メモリアルセンター
  • 9R、田口良一(左)を攻める田中恒成=岐阜メモリアルセンター
  • 5R、田口良一(左)を攻める田中恒成(右)=岐阜メモリアルセンター(撮影・山下香)
  • 6R、田口良一(右)を攻める田中恒成(左)=岐阜メモリアルセンター(撮影・山下香)
  • 4R、田口良一(左)を攻める田中恒成(右)=岐阜メモリアルセンター(撮影・山下香)
  • 4R、田口良一(右)を攻める田中恒成(左)=岐阜メモリアルセンター(撮影・山下香)
  • 田中恒成・プロ全成績
  • 採点表
  • プロボクシング・日本ジム所属の現役男子世界王者