2019.3.17 09:15

瀬古氏、ドーハ行き熱望の川内に喝「MGCを盛り上げないといけないのに…」/マラソン

瀬古氏、ドーハ行き熱望の川内に喝「MGCを盛り上げないといけないのに…」/マラソン

瀬古利彦氏

瀬古利彦氏【拡大】

 日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(62)が17日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・0)の名物コーナー「週刊・御意見番」に生出演。10日のびわ湖毎日マラソンで2時間9分21秒で全体8位、日本人2位に入り、目標としていた世界選手権(9月、ドーハ)代表の座へ大きく前進した川内優輝(32)=埼玉県庁=に喝を入れた。

 ワイルドカード枠で2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日)出場権を獲得した川内は暑さが苦手で、猛暑の予測される東京五輪より、真夜中にレースが行われるドーハに狙いを定めてきた。世界選手権は2017年ロンドン大会で3秒差で入賞を逃した因縁の舞台。リベンジに燃えている。

 瀬古氏は「われわれは五輪を目指している。MGCを盛り上げないといけないのに、ドーハは困る」と苦言。川内はびわ湖でMGC獲得相当の成績(2時間11分以内など)を残し世界選手権代表の選考対象になった。代表3枠にその名が挙がる可能性は高い。