2019.3.16 15:40

フェデラーとナダルが通算39度目の対決 パリバ・オープン準決勝で実現/テニス

フェデラーとナダルが通算39度目の対決 パリバ・オープン準決勝で実現/テニス

ロジャー・フェデラー

ロジャー・フェデラー【拡大】

 テニス・BNPパリバ・オープン(15日、米カリフォルニア州インディアンウェルズ)男子シングルスの準々決勝で、第4シードのロジャー・フェデラー(37)=スイス=は、ホベルト・ホルカシュ(22)=ポーランド=に6-4、6-4でストレート勝ち。一方、第2シードのラファエル・ナダル(32)=スペイン=も、カレン・ハチャノフ(22)=ロシア=を7-6、7-6で下しベスト4入を決め、16日(日本時間17日)に行われる準決勝でフェデラーと通算39度目の対戦が決まった。

 米スポーツ専門局ESPN(電子版)はこの日、「フェデラー、ナダルともに勝って、通算39度目の対戦へ」との見出しを打って、フェデラーとナダルの再戦がBNPパリバ・オープンの準決勝で実現することになったと報じた。

 フェデラーとナダルはともに今大会、これまでの4試合全てでストレート勝ち。2人の対戦は1年4カ月ぶりで、戦績はナダルの23勝15敗。だが過去5回の対戦では、いずれもフェデラーが勝利を収めている。近年、膝の痛みに悩まされているナダルは「僕の目標は、明日のために万全に備えること」と決意を語った。