2019.3.16 10:00

安美錦、元稀勢効果で勝った!「親方の顔見て気持ちに余裕」/東北スポーツ

安美錦、元稀勢効果で勝った!「親方の顔見て気持ちに余裕」/東北スポーツ

特集:
東北スポーツ
稀勢の里
安美錦は、大成道との青森対決を制し2連勝 (撮影・林俊志)

安美錦は、大成道との青森対決を制し2連勝 (撮影・林俊志)【拡大】

 大相撲春場所6日目(15日、エディオンアリーナ大阪)40歳のベテラン安美錦が青森対決で返り十両の大成道を突き出し、4連敗のあと2連勝とした。

 押し相撲の大成道のお株を奪うような、立ち合いの当たりと出足。超がつくほどのベテラン安美錦が、一方的に突き出して2勝目を挙げた。

 「向こうは当たりがいいから、それより低く当たることだけ考えた。後は突き落しだけ警戒して、体を寄せていった」

 津軽(深浦)の安美錦、南部(八戸)の大成道という青森対決。「青森の元気な後輩と、もっと激しくやり合いたかったけど、負けなくてよかった」と目を細めた。

 この日は西の花道に引退したばかりの荒磯親方(元横綱稀勢の里)が警備で座っていた。「親方の顔を見て気持ちに余裕ができた。自分より年下でフシギな気もしたけど、これから(引退後)いろいろ教えてもらう」と、思わぬ“勝利の神様”に感謝していた。

6日目結果へ7日目取組へ