2019.3.16 20:05

池田、点数伸びず4位 スケボー全日本オープン

池田、点数伸びず4位 スケボー全日本オープン

男子パーク決勝、4位の池田大亮の演技=鵠沼海浜公園スケートパーク

男子パーク決勝、4位の池田大亮の演技=鵠沼海浜公園スケートパーク【拡大】

 2020年東京五輪の追加種目スケートボードの強化候補選手選考会を兼ねる日本オープン・パーク大会は16日、神奈川県藤沢市鵠沼海浜公園スケートパークで行われ、男子は昨年のジャカルタ・アジア大会金メダルの笹岡建介(PROSHOP BELLS)が72・4点で優勝した。

 池田は思ったほど点数が伸びず4位に終わった。予選を2位で通過し、決勝1回目では前日に初成功した新技を決めるなど手応えを感じていただけに「周りももっと点が出てもおかしくないと言ってくれた」と悔しさを隠せなかった。

 得意の縦回転技「マックツイスト」を決めるなど地力の高さは示した。国内外の試合での採点の違いに戸惑いを示しつつ「パークは日本と海外の(実力)差がすごく開いている。そこを埋めるには板を回さないと」と、難しい回転技に挑むプライドをにじませた。