2019.3.16 20:04

12歳岡本、ノーミスVに笑顔「応援で勇気出た」 スケボー全日本オープン

12歳岡本、ノーミスVに笑顔「応援で勇気出た」 スケボー全日本オープン

女子パーク決勝で優勝した岡本碧優(手前)=鵠沼海浜公園スケートパーク

女子パーク決勝で優勝した岡本碧優(手前)=鵠沼海浜公園スケートパーク【拡大】

 2020年東京五輪の追加種目スケートボードの強化候補選手選考会を兼ねる日本オープン・パーク大会は16日、神奈川県藤沢市鵠沼海浜公園スケートパークで行われ、女子は12歳の岡本が制した。

 予選を1位で通過し、決勝も2回を終えリード。最終3回目で先に滑った小川に首位を奪われたが、直後にノーミスの演技で頂点を奪い返し「ミスしたら悔しい結果になっていた。みんなの応援でとても勇気が出た」と笑顔を見せた。

 予選2回、決勝3回の計5回で転倒は1度と冷静に滑り通した。壁の縁に板の裏を乗せて滑らせる「スミスグラインド」など、高難度の技も危なげなくこなし「自信になった。東京五輪で金メダルを取りたい」と目を輝かせた。