2019.3.16 19:44

伏兵の松田が混戦制す「北京五輪に向け、もっと上げていく」/モーグル

伏兵の松田が混戦制す「北京五輪に向け、もっと上げていく」/モーグル

優勝した男子の松田颯(左)と女子の星野純子=福島県猪苗代町リステル

優勝した男子の松田颯(左)と女子の星野純子=福島県猪苗代町リステル【拡大】

 フリースタイルスキーの全日本選手権モーグル第1日は16日、福島県猪苗代町リステルでモーグルが行われ、男子は19歳の松田颯(スノーアミューズメント)が73・46点で初優勝した。

 実績十分の原と堀島が脱落し、混戦となった男子は伏兵の19歳、松田が制した。今季は北米で、W杯の下部ツアーを転戦。米コロラド州ベイルを拠点とし、米国チームに混ざって磨いた滑りで頂点に立ち「自分の滑りに徹し、中盤のターンで思い描いた滑りができた」と振り返った。

 来季のW杯遠征メンバー入りに大きく近づき「今はやる気にあふれている。3年後の北京冬季五輪に向け、もっと上げていく」と勇ましかった。