2019.3.16 17:00

田中、田口に最大10ポイント差で快勝!平成最後となる日本人同士の世界戦/BOX

田中、田口に最大10ポイント差で快勝!平成最後となる日本人同士の世界戦/BOX

 プロボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチが16日、岐阜市の岐阜メモリアルセンターで愛ドームで行われ、同級王者の田中恒成(23)=畑中=が、元WBA、IBF世界ライトフライ級統一王者で、同級4位の田口良一(32)=ワタナベ=に3-0の判定で勝ち、初防衛に成功した。

 平成最後となる日本人同士の世界戦。2人は1ラウンドから距離を詰め、打ち合いを展開した。接近戦で左右のアッパーを多用する田口に対して、田中は右ストレート、左ボディー、左フックなどで応戦する。田口の攻めがやや単調になった4ラウンド以降、田中の右ストレートが当たり出し、流れが王者に傾いた。終盤になっても、田中の手数は減らない。田口も必死に対抗したが、確実にポイントを重ねた田中が最大10ポイント差で快勝した。

 ジャッジの採点は、1人が119-109、2人が117-111だった。