2019.3.15 23:33

国際卓球連盟前会長に4年間の活動停止処分 資金の不適切使用など理由

国際卓球連盟前会長に4年間の活動停止処分 資金の不適切使用など理由

 国際卓球連盟(ITTF)は15日、アダム・シャララ前会長に対し、4年間の活動停止処分を科したと発表した。同氏は2014年に退任し、現在は名誉会長。ITTF資金の不適切な使用や、器材購入に関する入札に干渉したことなどを理由に挙げた。シャララ前会長は、ITTF執行部による公聴会出席を拒否していた。(共同)